message

デザインで新たな価値を創造する。

デザインで新たな
価値を創造する。

情報化社会が成熟するにつれ、さまざまなモノとデザインが世界中に溢れるようになりました。けれど、いくら見た目が良くても、モノの本質が表われていなければ本当の良さは伝わらず、消費者の共感を得ることもできません。
ものごとの本質を的確に捉え、わかりやすく人に伝えること。そして、より多くの人に共感してもらい、大きな喜びや感動へつなげていくこと。デザインは本来、そうした役割とチカラをもつものです。
私たちは、いろいろなモノやコトをデザインしていきます。自身では見えにくい貴社の独自性を多角的に掘り起こし、新たな価値を生み出し、育てていく──。それが私たちのつくる「デザイン」です。  

ex.住宅ブランド広報ツール展開
ex.住宅ブランド広報ツール展開

日常業務で使用されるツール。企業イメージをブランド化するためには、請求書や封筒なども一貫したイメージで整えることが必要です。

社内でのコンセンサスをとり、スタッフのモチベーションや意識の向上を図るため、名刺・ウエアなどのツールは欠かせません。

ホームページは貴社とユーザーをつなぐ手段として欠かせません。日々情報発信をしたり、ユーザーの動向や状況の解析を掴むにも有効です。

ターゲットやステージに合わせたツールの展開と活用は、対外的なブランドイメージを浸透させ構築する上で、非常に有効な手段です。

上へ

下へ

solution

貴社の付加価値を高めるためには、
何よりも独自性が大切です。

貴社の付加価値を
高めるためには、
何よりも独自性が
大切です。

商品は、貴社と消費者とをつなぐ信頼の証。モノが横並びし飽和状態にある今、“その他大勢”から一歩抜け出すためには、企業としての明確なビジョンや一貫したポリシーをモノに込め、可視化することが不可欠です。
私たちサンビームは、クライアントのオリジナル・アイデンティティーを確立し、トータルにサポートします。貴社の考えや想い、強みを生かした販促物を流通も含めて提案し、それらの結果を継続的に検証、改善していくことで、より効果的な広報・宣伝活動をお手伝いします。

上へ

下へ

solution

クライアントのポテンシャルを引き出す
提案とデザイン。

クライアントの
ポテンシャルを
引き出す提案と
デザイン。

まずはクライアントのお話をしっかりと伺い、ご要望や目標、課題を明確にした上で、目的達成のためのベストプランをご提案させていただいています。弊社が手がけさせていただいた事例の一部をご紹介します。

上へ

下へ

press

住宅情報誌「住まいNET信州」自社企画編集制作出版
信州ならではの暮らしを伝えたい。

住宅情報誌
「住まいNET信州」
自社企画編集制作出版

住まいづくりを成功させるために大切なことは何でしょう。
流行を追いかけることでしょうか?最新設備を取り入れることでしょうか?有名な建築家に設計してもらうことでしょうか?もちろん、そうしたこともときには必要かもしれません。
けれども住まいとは、その土地、その土地がもつ気候風土や歴史文化、古くからの慣習、周辺環境などによってひとつひとつ違うもの。それら独自の地域性を無視していては本当にいい住まいづくりなどできません。
私たち住まいNET信州は、ここ信州で生まれ、信州をこよなく愛する地元工務店の皆様に育てられてきた住宅情報誌です。言うまでもなく信州は、美しい自然に恵まれた素晴らしい土地です。その美しさゆえ、人が住まうには自然環境はときに過酷で、厳しくもあります。だからこそ、信州に根ざし、誰よりも信州を知り尽くした信頼できる地元工務店の力が必要なのです。

さあどうぞ、新たな扉を開いて、いろいろな家にお入りください。ここでの発見が、あなたにとって理想の住まいとの出会いになれば最高にしあわせです。
信州で過ごす人生が笑顔であふれることを願って。

最新号 住まいnet 信州 34 2020 AUTUMN&WINTER

■巻頭特集:信州の平屋

10年ほど前から徐々に人気が高まって、今や幅広い層に支持される平屋の家。
その人気は一時的なトレンドを超えて、もはや住まいづくりの定番になった感さえあります。階段の上り下りがなくて体がラク。
移動が少ないから家事もサクサク。
ソトとつながって心地よく、安心に暮らせる......。
今回は、これまでご紹介した平屋から最新の平屋まで、気になる平屋を一堂に集めました。たくさんの住宅を取材してきた本誌ならではの、平屋カタログ決定版です。

■スペシャルクロストーク:遊ぶ、寛ぐ+働くための家。

2020年、一つの感染症が少子高齢化、地方と都市の不均衡、気候変動、働き方改革、5GによるITインフラの革新など、日本社会の課題や変化をくっきりと可視化しました。
私たちは今、刻々と変化する日常でそれぞれの最適解を模索しているのだと感じます。
住まいも例外ではなく、労働や教育などのオフィシャルな役割を担う場面が増えています。奇しくも県内ではこの数年「これからの信州ライフ」を提起する企業が続々と登場。
新型コロナウイルスの影響で人の意識が都会から地方へ向くなか、そのムーブメントが注目されています。
県内住宅業界のトップランナーによるクロストークから、激変する社会で心豊かな暮らしをつくるヒントを探ります。

友だち追加

上へ

下へ

profile

会社名株式会社サンビーム
創 立昭和63年4月2日
所在地 〒386-0005 長野県上田市古里42-29
TEL:0268-25-5161
FAX:0268-25-5162
資本金10,000,000円
従業員19名
事業内容 ●企画・広告・デザイン(グラフィック・WEB)制作~出版・印刷・サインディスプレイ
●住まいづくりデザインセンター信州(住まいNET信州の企画・編集・制作・発行~SPコンサル)
業務アイテム 企業CI・VI計画・会社案内・入社案内・市町村要覧・ポスター・折込みチラシ・手配りチラシ・カタログ・パンフレット・リーフレット・名刺・ハガキ・封筒・カレンダー(各種オリジナル・刷込み)・包装紙・パッケージ ・新聞広告・雑誌広告・各種出版物(記念誌・絵本・写真集・自費出版等)・各種カード・サインディスプレイ(屋内・外、車輌マーキング等)・Webデザイン・デジタルコンテンツ・週刊上田新聞制作・住まいNET信州の発行
会社沿革
S60.6グループ企業の企画部門としてサンビームをスタート。
S63.4.2株式会社サンビーム創立。(長野県上田市中央)
週刊上田新聞の制作を創刊号(4/2号)から担当。
H5.7.1 社屋を長野県上田市古里に移転。
H14.6.24新事業部住まいづくりデザインセンター信州(SDC信州)を開設。
H15.7.31住まいNET信州/創刊号発行。
H23.1.21社屋を長野県上田市芳田に移転。
H25.3.1社屋を長野県上田市古里42-29に移転。
H30.4.2創業30年

上へ

下へ

access

株式会社 サンビーム
〒386-0005 長野県上田市古里42-29
TEL 0268-25-5161 FAX 0268-25-5162

株式会社 サンビーム
〒386-0005 長野県上田市古里42-29
TEL 0268-25-5161 FAX 0268-25-5162

上へ

下へ

contact

上へ